仕事帰りのジムでダイエット兼ストレス発散

「あと○キロ減らしたい」

ダイエットで体重だけを目に見える数字で落とすために、
「食べないダイエット」
が危険だということは、過去に体験していたため避けたいダイエット方法でした。
過去の経験で、とにかく目に見える数字で体重を減らしたい、と思い、
夜ご飯を抜いてみたところ
朝、体重が減っています。

とうとう水分の制限までしてしまい、
体重はあっという間にマイナス6キロ。
肌は乾燥し、生理不順、髪の毛は艶がなくパサパサ・・・

「体重減ったけど、一気に老けて見える」

これでいいのか?
と思い、

「健康的になろう」

と決めました。
でもやはり体重が増えるのが怖い。
自分は栄養士の資格を持っているのに、学んだことが役に立たないのです。

「ちゃんと食べてる?」
とみんなに訊かれることもストレスになりました。

そこで、仕事帰りにふと家の近くのスポーツジムに立ち寄ってみました。
入会が目的ではなく、あくまで見学というスタンスで。

「今の時間は、ほとんどの会員さんがお仕事帰りの方ですよ」
と、さわやかなインストラクターが施設内を案内してくれました。
私の仕事帰りって・・・
疲れた顔して、電車の中でウトウト。
家に帰って、真っ暗な部屋の電気をつけて(一人暮らしでした)
観ているわけでもないテレビをつけて何となく
誰かがいるような雰囲気にする。

「明日も仕事か・・・」
とボーっとしている時間が1時間くらいありました。

私とは真逆で、みなさん仕事終わりなのに、「いい汗かいてる」
って感じで、イキイキと見えました。

「私もこんなふうに仕事帰りに、いい汗かきたい」
と、こんな単純な思いで入会しました。

週に2回、ジム通いを目標にしました。
仕事が終わりジムに行くことに意味があると感じ始めたのは、
通い出して1か月くらい経過したころです。
通う前との大きな違いは、

「朝、スッキリと起きることが出来る」
「一日3食食べることに罪悪感を感じなくなった」
「寝つきがよくなった」

ことです。
体重の変化としては、プラス1キロ。
ただし体脂肪は落ちていました。

「鍛えてる?」
と周りに訊かれるのがうれしくなりました。
以前は
「食べてる?」
と訊かれてストレスを溜めていたのに・・・

そしてジム通いに夢中になってしまい、
「パーソナルトレーニング」
に申し込みました。

30分コースで、インストラクターとマンツーマンでトレーニングします。
今までとは違い、
「あと1セット!!」
と見られている中のトレーニングです。

私の場合は、インストラクターと一緒に

「ダイエット=体重を減らす」
だけに固執しないで、筋肉量を増やし、見た目の引き締まり感を出すこと
を目標にしていました。
(もちろん毎回、体重のチェックはあります)

仕事帰りにジムに通ったことで、自分のためになったことは大きく3つあります。

一つ目は「汗をかくことでストレス発散できたこと」
二つ目は「体が変わったことで、自分の生活にメリハリができたこと」
そして三つ目は「毎日、体重計に決まった時間に乗ることで、
何を何時に食べると太りやすいのか、が分かるようになったこと」

です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です